it's Mansion  〜 賃貸マンションでの一人暮らしの防犯・防災対策2 〜

トップページ  > 賃貸マンションでの一人暮らしのための防犯と防災について2

賃貸マンションでの一人暮らしの防犯対策

暑いからといって、部屋の窓を開けて眠る人いるかもしれませんが、これは危険です!侵入者を招き入れる行為です。眠っている時に窓から誰かが侵入してきたらどうしますか?あなたが寝ている間にも部屋の中にある金品をとられているかもしれませんよ!また、窓のカーテンは、明らかに女性が住んでいるとわかるようなカラーや、柄は避けましょう。いかにも女性が住んでいます!といっているように見えます。カーテンの色は女性らしい色は避けたほうがいいかもしれませんね。
また、郵便受けはこまめに目を通すようにしましょう。自分の個人情報が書かれている郵便物だって届くわけです。これが誰かに見られたら大変ですよね。あと、郵便物をとるのが面倒だと言って、何日分もためて一気にとるのはやめましょう!これは自分がほとんど家を空けている状態の人と泥棒は思ってしまいます。泥棒などはやはり、住人がいないときを狙うので、郵便受けに郵便物をためこんでいると、あなたが家に帰ってこない、留守だと勘違いします。なので郵便受けは最低でも一日一回は見るように心がけてください。

ゴミ捨ての場合も気をつけてください!郵便受けに届く書類、あれって自分の個人情報が沢山記載されていますよね、もしかしてそのまま捨てたりしていませんか?住所や氏名が書かれている書類をそのまま捨てるなんて大変!誰かがゴミから拾って悪用する恐れもあります。もし捨てる際は書類を細かく切ってくれるシュレッダーを使用するのをおすすめします。そんなものもってない!という人は、100円ショップでも手軽に小さいシュレッダーが購入することができるので、購入を考えてみては?手で細かくちぎって捨てるのもいい方法だと思います!

カーテンの事ですが、一日中締めっぱなしにするのもよくないかと思われます。カーテンの色は女性らしい色は避けたほうがいいと申しましたが、室内が外から見えるのもいやですよね。その対策の為に外からは室内が全く見えないような遮断カーテンを利用する人が多いお思いますが、これを一日中締めっぱなしでいると、室内の電気も外にもれにくいので、一日中外出中と思わせていることになります。
出かけるときなどは、ある程度光が差し込むぐらいのカーテンを使用することをおススメします。

Favorite

2018/7/13 更新